ED(勃起不全)とはどのような症状かなのか?

ED(勃起不全)とは、男性の性機能に欠かせない勃起機能が低下している状態のことを言います。この勃起不全の特徴としては、女性との性行為をする際に十分な勃起力が得られない、または勃起力が維持できないなどの症状が発生してしまい、女性との満足な性行為ができない状態の事です。

※EDは英語表記で(Erectile Dysfunction)と書き、勃起不全の他にも勃起障害とも言います。

性欲などはあるのにペニスの機能が追い付かずに満足に性行為を行えない人はたくさんいます。EDを含むとおおよそ1,800万人が性行為に対して悩みを抱えていると言われています。このサイトでは、ED(勃起不全・勃起障害)の原因や治療方法などを分かりやすく説明し、人気のED治療薬などもまとめていますので、EDに悩める男性の参考になればと思います。

※女性用のバイアグラなども一部紹介していきます。

ED(勃起不全・勃起障害)の原因は?

EDになる原因は人によって様々です。年齢や生活スタイルによってもEDが発症する可能性もありますし、性的な刺激が原因で陰茎に血液が流れずにEDになる方もいます。

また、精神的なストレスや、神経的な病気になった方や外傷によりEDになる方も少なくはないので、ご自身のEDの原因をしっかりと知る必要があるでしょう。

以下にEDの原因を分かりやすく解説していますので、ご参考にしてみて下さい。

ED(勃起不全)を発症する4つの主な原因

【心因的・精神的な原因】小見出し1

心因的なEDの原因はおおまかに「現実心因」「深層心因」の2つの項目に分かれます。

現実心因に関しては、その名の通りですが、現実的な日常生活におけるストレスや心理的なものがEDの原因となってきます。性行為の相手によるペニスに対する中傷的な発言もストレスの原因となるでしょう。

深層心因に関しては、主に心の深い部分に対しての心理的な原因などが該当します。小さいころの性的な部分によるトラウマなどが忘れられずに心の深い部分が原因でEDになってしまいます。

【年齢・加齢による原因】小見出し2

加齢による原因は男性なら誰しもが発症する可能性があります。年齢を重ねることによって、血管やペニスの神経に障害が発生したり、動脈硬化によってEDが発症する可能性もあります。

年齢によるEDの原因には普段の生活リズムもかかわってきます。生活習慣病によってEDになる患者さんもいますし、タバコやお酒による原因も少なくありません。

糖尿病、高血圧など血液循環に関係する病気にも注意が必要です。しかし、これらの病気をしっかり改善していれば70、80代になってもED治療を行うことができますので、普段の生活を見直して諦めないようにしましょう。

【手術・事故による外傷的な原因】小見出し1

ED(勃起不全)の原因の1つに手術などによる外傷が原因の方もいます。

主にがん全般ですが、「前立腺・膀胱・直腸」などのガンが関係してきます。これらのガン細胞を摘出する際に、陰茎の血管や神経を損傷してしまうとEDになってしまう可能性があります。ガンの手術をする際には医師にも相談した方が良いでしょう。

また、ガン以外でも交通事故などの突発的な事故で骨盤骨折や脊髄を損傷してしまう事により、EDになってしまう方もいます。しっかりと時間をかけて療養したり、ED治療薬を併用して改善する必要があるでしょう。

【その他の原因】小見出し2

ED(勃起不全)にはストレスや病気、ガン、事故などいろんな原因がありますが、そのほかにも前立腺肥大症や精巣静脈癌などもEDの原因の1つです。

排尿する際の状態が良くない事によるストレスなど心理的なものがEDの原因となります。男性ホルモンが変化してしまったりすると同じくEDの原因にもなりますので、体調管理やご自身の病気と向き合った上で満足いく治療を行うのが良いでしょう。

EDかな?と思ったら、まずは医師に相談して検査や体の具合を確認してみましょう!

このページの先頭へ